テラス席

東京で需要が高まるバーチャルオフィスのサービス内容とは?

メモを取る

クラウドソーシングや在宅ワークが普及しつつあり、直接会社に出向く必要性が薄れている昨今、バーチャルオフィスサービスが注目されています。このサービスの最大の機能は、高額な賃貸料を支払ってまでオフィスを借りる必要はないものの、顧客の信用を得るため法人登記に住所を登録したいという事業主のニーズに応えることです。特に東京は土地代・賃貸料が高いため、需要が高まっています。その他にも、多くの会社が行っている便利なサービスがあります。
まず、電話・FAX転送サービスを利用することで、住所と同じく信用につながる固定電話の番号を持つことができます。次に、バーチャルオフィスの住所で受け取った郵送物を、指定した別の住所に転送するサービスがあります。また、借りた住所に備わっている会議室を利用できる場合もあり、実際にオフィスを持っていなくてもアクセスのいい東京で社員やクライアントと話し合いができます。
普通に借りれば数万円はかかる東京の一等地でも、バーチャルオフィスを利用すれば月数千円程度で住所や電話番号、会議室を借りることができ、大きなメリットにつながる可能性が高いのです。起業時の初期費用を抑えたい方は、各社のサービス内容や立地を比較して自分に合ったバーチャルオフィスを利用することをおすすめします。

若手起業家が利用する東京のバーチャルオフィス

大学院での研究成果を活用して会社を設立する起業家が増えていますが、一方で創業時には資金が十分にないという問題もあります。そのためにオフィスの賃料を節約したいと考える人も多く、東京のバーチャルオフィスが注目されています。自宅で仕事をする機会が多く、会社設立用の住所だけが必要な人たちに東京のバーチャルオフィスは適しています。しかし東京には様々なバーチャルオフィスがあるので、料金やサービスを比較して最適なプランを選ぶ必要があります。
特に取引先と商談をしたい場合には、貸会議室などの設備も利用可能なバーチャルオフィスが最適です。また銀行の法人口座を開設する場合にもバーチャルオフィスが利用できますが、一方で開設時の審査に通らないケースもあります。けれども法人口座開設のサポートがあるバーチャルオフィスを選ぶと、会社設立時に決済用の銀行口座を確保できるので安心です。
また会社設立当初は経営者一人だけで業務を行うケースも多く、電話の応対が手薄になるのが大きな問題です。けれども秘書代行サービスを利用すると、経営者が多忙な時でも問い合わせに対応できるようになります。リアルな貸事務所を借りる場合に必要な家賃負担がないので、代行サービス利用時の経営者の負担は極めて小さいです。

ステータスも確保するなら東京のバーチャルオフィスの利用を

東京にあるバーチャルオフィスを選ぶメリットの一つは、ステータスを確保できることです。取引先の信用を得るには東京にオフィスを構えているというアピールは絶大な効果をもたらします。
こうした恩恵を受けるには、東京のバーチャルオフィスで普通のオフィスとほぼ同等のサービスを扱っているところを選ぶことです。つまり郵便物の受け取りをしてくれる、電話とFAXが使える、会議などのために場所を使える、の三点です。郵便物は転送をしてくれるのなら更に便利です。電話とFAXが使用できるところがとても多いので、標準的なサービスと言えます。会議用のスペースは有料のところと無料のところがあります。
また、より信頼感を得たいのであれば法人登記を代行してくれるバーチャルオフィスをおすすめします。東京にオフィスを持つというステータスをバーチャルオフィスによって実現できた場合、会計の健全性も確保しておくとますます安心です。そこで中には融資の申し込みや会計をサポートしてくれるバーチャルオフィスも存在します。広報に力を入れる事業者向きにホームページ作成のサポートサービスもあるので、どういった展開をしていきたいかに合わせてバーチャルオフィスを選ぶと事業の発展に多いに寄与してくれるはずです。

そんななかでも、コストダウンに最も力を入れたいとお考えの方におすすめなバーチャルオフィス東京が【レゾナンス】です。転送電話や電話代行などの需要の高いサービスを利用しながらコストを抑えることができるため、最低限のサービスだけを利用したいという方にぴったりです。

東京近郊でバーチャルオフィスを利用してみよう

働き方が見直されている近年、自宅で仕事をする機会が増え出社する回数が減ったという会社員も多いことでしょう。社員が同じオフィスで仕事をする必要性が薄れる中、最近ではバーチャルオフィスの需要も高まっています。バーチャルオフィスは、端的に言えば「住所を貸す」サービスです。実際の仕事を行うのは自宅などであっても、事業所として登録しなければならない住所を提供してくれるサービスになっています。住…

More Details

東京のバーチャルオフィスなら初期費用も抑えられる

東京でビジネスをスタートするなら、不動産会社でオフィスを賃貸契約するよりもバーチャルオフィスを利用した方が初期費用を含めてコストを安く抑えられます。会社を興す時には、登記やネットや電話環境の整備などに手間もかかりますし費用も莫大にかかります。東京は一等地に事務所を構えようとすると家賃も高額ですし、初期費用や維持費も高額です。バーチャルオフィスなら、東京の一等地にオフィスを構えられて初…

More Details

東京でオフィスを構えるならバーチャルオフィスが最適

東京でオフィスを構えるなら、賃貸物件を契約するよりもバーチャルオフィスを利用するのがコストパフォーマンス的にもお勧めです。東京にオフィスを構えるメリットはたくさんありますが、商談にも便利ですし一等地にオフィスがあれば会社の信用も得られるのもメリットです。又、駅からアクセスの良い場所にオフィスを持つのは費用が膨大にかかりますし、初期費用も多額です。ビジネスが軌道に乗る前にこうした費用を支払うの…

More Details

バーチャルオフィスで遠方でも東京に会社を登記できる

今ではインターネットやシステムが進歩普及し、ビジネスにおける距離の問題が解消されつつあります。地方に居ながら東京の会社の業務を行うこともテレワークによって実現できています。そして、バーチャルオフィスを利用することで、独立起業する際に東京に登記することも可能です。地方で起業する方にとって登記場所となる住所がデメリットになることが少なからずあります。住所により企業としてのブランドが判断さ…

More Details

Article List

TOP