テラス席

バーチャルオフィスで遠方でも東京に会社を登記できる

今ではインターネットやシステムが進歩普及し、ビジネスにおける距離の問題が解消されつつあります。地方に居ながら東京の会社の業務を行うこともテレワークによって実現できています。そして、バーチャルオフィスを利用することで、独立起業する際に東京に登記することも可能です。
地方で起業する方にとって登記場所となる住所がデメリットになることが少なからずあります。住所により企業としてのブランドが判断されてしまい、取引先から不安視されてしまうこともあります。ですが、実際には住所と業務品質は別物であり、住所というブランドによる不利益をバーチャルオフィスで解決することができます。バーチャルオフィスなら東京の一等地の住所を利用して法人登記を行うことができます。住所利用のプランでも月額5千円の予算があれば、電話転送や郵便物転送のサービスもついて費用的な負担もほとんどありません。中には有名企業がオフィスを構えるビル、銀行所有で銀行名のついたビルなどを利用するバーチャルオフィスもあります。さらにバーチャルオフィスといっても、実態が確認できないというものではなく、レンタルオフィスやシェアオフィスなどとしても活用されており、業界で知名度の高い企業が利用するオフィスと同じ住所によりブランド力を高めることができます。

東京近郊でバーチャルオフィスを利用してみよう

働き方が見直されている近年、自宅で仕事をする機会が増え出社する回数が減ったという会社員も多いことでしょう。社員が同じオフィスで仕事をする必要性が薄れる中、最近ではバーチャルオフィスの需要も高まっています。バーチャルオフィスは、端的に言えば「住所を貸す」サービスです。実際の仕事を行うのは自宅などであっても、事業所として登録しなければならない住所を提供してくれるサービスになっています。住…

More Details

東京のバーチャルオフィスなら初期費用も抑えられる

東京でビジネスをスタートするなら、不動産会社でオフィスを賃貸契約するよりもバーチャルオフィスを利用した方が初期費用を含めてコストを安く抑えられます。会社を興す時には、登記やネットや電話環境の整備などに手間もかかりますし費用も莫大にかかります。東京は一等地に事務所を構えようとすると家賃も高額ですし、初期費用や維持費も高額です。バーチャルオフィスなら、東京の一等地にオフィスを構えられて初…

More Details

東京でオフィスを構えるならバーチャルオフィスが最適

東京でオフィスを構えるなら、賃貸物件を契約するよりもバーチャルオフィスを利用するのがコストパフォーマンス的にもお勧めです。東京にオフィスを構えるメリットはたくさんありますが、商談にも便利ですし一等地にオフィスがあれば会社の信用も得られるのもメリットです。又、駅からアクセスの良い場所にオフィスを持つのは費用が膨大にかかりますし、初期費用も多額です。ビジネスが軌道に乗る前にこうした費用を支払うの…

More Details

バーチャルオフィスで遠方でも東京に会社を登記できる

今ではインターネットやシステムが進歩普及し、ビジネスにおける距離の問題が解消されつつあります。地方に居ながら東京の会社の業務を行うこともテレワークによって実現できています。そして、バーチャルオフィスを利用することで、独立起業する際に東京に登記することも可能です。地方で起業する方にとって登記場所となる住所がデメリットになることが少なからずあります。住所により企業としてのブランドが判断さ…

More Details

Article List

TOP